日経平均 3日ぶり反発 22,614.82円 +82.74

「米国が 旧ソ連と結んだ中距離核戦力廃棄条約を破棄する」と報じられたことで 朝方から ヘッジファンドによる先物売りで 安く始まり 一時 260円安まで 下落したものの 中国株が 4%を超える反発となったことを受けて 下げ幅を縮小 後場に入って プラスに転じ 大引けまで 22600円台で 堅調に推移しました

そんな中 多木化(4025)が ストップ高となり 石川製(6208)が 急伸 その他 gumi(3903)、星和電(6748)などが 値を飛ばしました

2部株は ファーマF(2929)が 一時 ストップ高まで買われ コーア商HD(9273)が 続上伸 インテリW(4847)、北恵(9872)などが 値を飛ばしました

新興市場では IPS(4335)が 3日連続ストップ高となり パルマ(3461)、KYCOM(9685)、農業総研(3541)、ルーデン(1400)、細火工(4274)も ストップ高 その他 プリメックス(2795)、イーソル(4420)、ジェクシード(3719)、シンバイオ(4582)などが 値を飛ばしました


明日の注目銘柄は ↓ に記載しておきます



明日も 流れを見極めて 慎重に急騰銘柄を御案内したいと思います

無料メルマガでは 更なる極秘銘柄を 臨時配信!